関節リウマチ プラセンタ

関節リウマチは自己免疫機構が複雑な女性に多い!

関節リウマチとは手足の指や手首、ひじやひざといった全身の関節に炎症が起こり、腫れや激しい痛みを生じる疾患です。治療が遅れて病状が悪化すると 関節の骨まで破壊されて変形し、関節部位の機能が損なわれることもある非常に恐ろしい疾患です。

関節リウマチは自己免疫疾患の1種であり、異物を認識し排除する役割を果たす体のなかの免疫系(=抗原抗体反応)が自分の体を構成する正常な細胞や成分を 異物(抗原)として認識してしまうため、抗体を作って攻撃してしまうことが原因です。

日本では70万人以上の患者がいるといわれており、30〜40代の女性に多いことから女性ホルモンとの関連を指摘されることも多いのですが、その原因はまだはっきりとは解明されてはいません。

関節リウマチのような自己免疫疾患をおこさせる因子としては、以下のものが考えられています。

・遺伝
・ある種のウイルスへの感染(抗体を作るリンパ球の活動が活発化する)
・薬物
・化学物質
・ストレス

進行すると回復が難しくなる病気なので、とにかく関節の腫れや痛み、動かしにくさに気付いたらリウマチ科などに行って診断してもらうことが大切です。 治療としては病気を進行させるサイトカインの働きを抑える「生物学的製剤」を月に1〜2回程度、点滴や皮下注射で投与するのが一般的です。

関節リウマチに優れた効果を示すプラセンタ

こうした関節リウマチに対して症状の緩和や改善が期待できるのがプラセンタです。関節リウマチの進行を低下させることが出来るというものではないので、 プラセンタの投与や摂取で関節リウマチが治るということはありませんが、

・痛みが軽減される
・関節の炎症の指標であるCRP値の低下

といったことが期待できるようです。

プラセンタ療法の最大のメリットというのは、抗リウマチ薬の多くには副作用があり、吐き気や倦怠感、胃痛や微熱といった症状がでてしまいリウマチの治療が 肉体的にも精神的にもつらいというのが一般的ななかで副作用というものが皆無なことです。そのため、患者さんの経過が非常によく、満足度が高い治療法になっているようです。

プラセンタで関節リウマチを治療する場合は、形成外科や内科、リウマチ科などお近くの医療機関でプラセンタ療法を取り扱っているところにいってとりあえず診察を受けてみてください。 症状によってはおすすめされないこともありますし、保険適応外の自費診療ということになるので経済的な問題もあります。(とはいえ保険適応外にしてはかなり安い分類ですが。)

いざ、治療となったら基本的にはプラセンタ注射を「週1〜2回の頻度で1年間を目安に治療にあたることになります。

関節リウマチの治療でプラセンタ注射を利用するという場合、ほとんどが抗リウマチ薬が使えないとか、抵抗があるという場合ですから、漢方などと併用して治療にあたることも考えられます。

なぜ、プラセンタが関節リウマチに効果があるのか?

なぜ、プラセンタが関節リウマチに有効かというと、

● 抗炎症作用があること
● 鎮痛作用があるので痛みの軽減につながること
● プラセンタ自体にさまざまな免疫抑制物質が含まれていること

という特徴があるからです。

さらには、内分泌調整作用、抗アレルギー作用などが相まって体質の改善を促してくれるため、関節リウマチの症状の緩和や改善に効果をあげていると考えられています。

プラセンタを配合したサプリやドリンク、化粧品はほとんどすべて美容目的ですから、プラセンタも美容成分の1つとして認識している人がほとんどだと思いますが 本来の効果効能としては肝臓の機能を強化したり、更年期障害や冷え症の改善、消炎作用で痛みをとる、抗アレルギー作用です。

美肌効果というのは「おまけ」なんですね。

医療機関においてプラセンタ注射がさまざまな疾患の緩和や改善の治療に使われているようにプラセンタを効果の怪しげな健康食品の健康・美容成分と同列に考えるのは失礼で、効果が確認されている医薬品として考えたほうが認識としては正しいということです。

女性の方にとってはプラセンタを利用することは関節リウマチの予防になりますし、女性ホルモンのバランスを調整してくれるので女性特有の不定愁訴の症状の緩和や改善にも役立つはずです。

そしてもちろん美肌や美白、30代からのたるみ予防と改善、アンチエイジング効果も優れているので高価な化粧品やエステやサプリを利用するぐらいならプラセンタ注射の1本でも打ったほうがずっと健康と美容にいいはずですよ。